観葉植物にエアコンは危険?初心者でもできる育て方と注意点まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちは。管理人のけんちゃんです。

植物に元気がない!

疲れて自宅に帰ってきて植物も元気がないなんて。

超ショッック◟꒰◍´Д‵◍꒱◞

こんな経験何度もあります。

 

植物に元気がなかったら「日光にあてる」「水をたくさんあげる」

ぐらいしか私は思いつきませんでした。

 

今回は、観葉植物を復活させる方法やお部屋のどこに置けば

元気に育てられるかなどをお伝え致します。

スポンサードリンク

調べること①耐陰性があるか

耐陰性(たいいんせい)とは陰に耐えれるか、つまり日陰が

得意か不得意かの性質です。

ここを覚えておくと枯れにくい対策と置く場所が決めやすいです。

耐陰性のある植物は個々で違いますが、

サトイモ科やシダ科の植物に多いです。

※ジャングルや森などの中で育っていそうな植物は

直射日光が当たらないので耐陰性がある植物が多いようです。

詳しくは個々の植物で耐陰性があるか、お調べ頂ければと思います。

 

〈観葉植物の枯れにくい方法・復活方法〉

●耐陰性がある

・直射日光が当たらない場所へ(カーテン越し・蛍光灯の明かり)

・表面の土は乾かないように水をあげる

 

●耐陰性なし

・日当りのいいところ(カーテン越しの光でOK)

・表面の土が乾いてから水を与える

※明かりはこちらを基準

 

調べること②新芽が生きているか

植物に元気がなく、葉も落ちていることがあります。

この時に復活できるかの基準のひとつに「新芽」の状態を調べます。

【新芽=栄養の届く末端】

新芽が生きていれば他の部分まで栄養を運べ復活する

可能性が高いです。

違う植物ですが。このように新芽も枯れていたら復活には

時間がかかる、もしくは難しいです。

新芽が枯れていても根や幹は元気であれば時間を

置くと違う箇所から新芽が出てきます。

“ちなみに”

葉っぱが落ちるうちは元気な証拠です。

以前ベンジャミンという観葉植物をハゲ山のように

枯らしたことがあります。

見た目が丸っとしていて可愛くて

玄関においていましたが、葉っぱも

8割以上落ちてしまい駄目だと思いました。

何も知らずにベランダの日が当たる場所に1ヶ月くらい

置いておくとみるみる新芽がでて元気になったんです!

後でお花屋さんに聞くと「葉が落ちるうちが元気な証拠」

名言を頂きました。

「葉を落とすほどの体力がある」んですね。

なので季節の変わり目以外で葉が落ち始めたら

用心してあげてください。

 

調べること③温かい環境に

観葉植物のほとんどは温かい地域が原産です。

そもそも寒い地域で育つ植物の方が少ないので

なるべく温かい場所に置きましょう。

植物によりますがどんなに寒さに強い植物でも

0℃くらいが限界の温度です。

 

 

調べること④風通しがいいか

風通しが良いと適度に湿気が飛ばし根腐れやカビの繁殖を

抑制します。どんな植物でも風通しは良い方がいいので、

洞窟などに大きな植物がいないように

閉め切った密室や真っ暗な部屋は改善が必要です。

 

 

最後に

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

少しでも参考になったなら幸いです。

人間と同じく植物も元気がないときがあります。

元気がないときはお互い様で声かけするのも手です。

「大丈夫〜?」

「元気になるの待ってるよ〜」

他人に聞かれたら恥ずかしいですが(照)

ですが、本当に元気になるんです!!

元【植物界の死神】である私が言うので

間違いないです(。>ω<)ノ

 

ぜひ、緑と一緒に生活してみてください。

 

けんちゃん♥︎

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*