ミョウガは生で食べれる?見分け方や含まれる栄養素を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちは。けんちゃんです。

暑い季節はさっぱりとした「薬味」が美味しい

季節になりますね!

薬味のひとつである茗荷(みょうが)の旬は6月〜10月の温かい時期と

言われていますが、生で食べてお腹を壊したりしないのでしょうか?

料理に使うにも、どんな調理をしたらいいのか。

オススメの調理方法など気になったので

チェックしたいと思います(*´∀`*b)

スポンサードリンク

そもそもミョウガって何?

ミョウガは生姜の仲間で、食用に栽培しているのは日本だけで

日本でしか食べない野菜の一つです。

土の中から顔をだし花ミョウガとも呼ばれています。

ミュウガ生産量一位は高知県で、

全国の約8割のミョウガをハウス栽培で生産しています。

7〜8月収穫のミョウガは「夏ミョウガ」と呼ばれ、

9〜10月収穫のミョウガは「秋ミョウガ」と呼ばれ比較的

秋ミョウガのほうが大きいと言われています。

 

含まれる栄養素は?

ミョウガは90%以上が水分で出来ています。

この中にはミョウガ特有の栄養素が豊富に含まれています。

①アルファーピネン

食欲増進や消化促進、血行を促進し新陳代謝

あげて血液をさらさらにしてくれる。

 

②カンフェン

抗炎症抗菌作用がある。口内炎や喉の痛みに有効。

 

③ゲラニオール

鎮静鎮痛作用があり解熱作用や頭痛に有効。

 

※効能はあくまで食品の栄養素としての作用なので

薬のように絶対に効くとは限りません。

 

ていうか、ミョウガすごい!

ミョウガの旬の時期は夏バテで食欲も落ちるし、

汗をかいて血液ドロドロになりやすいし、

夏風邪にかかったりと考えると

ミョウガ食べることで全部に効きそう!!

 

新鮮なミョウガの見分け方は?

「ふっくらとした形で実がしまっていること」

見分け方は割と簡単です♪

 

オススメの調理方法!

先ほどご紹介した栄養素は油に溶ける性質(脂溶性)なので

油を使った料理にすると吸収されやすくなります。

なのでゴマ油で炒める料理マヨネーズで和えたり

薬味として使用する場合も天ぷらや脂身のある食材

と一緒に食べると効率よく吸収されます。

 

生で食べて大丈夫?

生で食べて問題ありません。

多少クセがあるので電子レンジなどで30秒〜1分ほど

加熱するとクセがなくなりやすいです。

 

最後に

最後までお付き合い頂き

有難う御座いました。

少しでもあなたの
お役に立てなら幸いです。

ミョウガを食べて暑い夏を乗り切りましょう(∩˃o˂∩)♡

けんちゃん♥︎

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*