海ぶどうが溶ける被害はいつまで?原因や代用品をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

こんにちは。けんちゃんです。

梅雨に入り豪雨などの自然災害が増えていますね。

沖縄県では赤土が海に流れ海ぶどうの養殖場に

影響が出ています。

海ぶどうが溶けるってどういう事?

赤土の何が原因なのか気になりますね。

この被害がいつまで続くのかもチェック

したいと思います。

スポンサードリンク

そもそも海ぶどうって?

クビレズタという海藻のこと。

見た目が葡萄に似ていることから、この名前になった。

沖縄県では昔から食べられ、醤油や三杯酢などで食べている。

 

赤土の影響で溶ける原因は?

赤土が海に流れ海ぶどうやサンゴなどを覆います。

赤土を被ったせいで

光合成が妨げられ死滅してしまいます。

これが原因のようです!!!!

 

海ぶどうの代用品は?

●産地違いで代用するとしたら

フィリピン産の海ぶどうが有力だと思います。

●海ぶどうに近い品種で言うと「フサイワズタ」があげられます。

違いについては画像を参照頂ければと思います。

フサイワズタも沖縄県で作られているので、

この被害を落ち着くまでは手に入りにくか

お高くなるでしょうね。

 

被害はいつまで続くの?

大雨の直後や雨雲が過ぎ去ったあとも3、4日は赤土が

海に流れ出るでしょう。

海の状態にもよりますが1〜2週間は

状況が続くと思われます。

 

最後に

最後までお付き合い頂き

有難う御座いました。

少しでもあなたの
お役に立てたなら幸いです。

 

けんちゃん♥︎

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*